政府および軍における U-Reach

デュプリケーション技術の革新をリード

U-Reach Data Solutions Inc.デュプリケーターは、過去数年間多くの軍事および政府のプロジェクトで使用されてきました。U-Reach Data Solutions Inc.製品が好まれるのは、デュプリケーターがデータ複製にスタンドアロンのFPGAアプローチを採用しているためです。内部にオペレーティングシステムがないため、マルウェアに感染したり、残留データがキャッシュやログに保存されたりするリスクがないことを意味します。コピージョブが完了すると、バッファーはゼロに設定され、データを含む場所はソースと目的のターゲットのみとなります。

さらに、U-Reach Data Solutions Inc.デュプリケーターは、いくつかのMIL-STD-810Hで認められた米国国内試験所(NRTL)によって認定されています。U-Reach Data Solutions Inc.デュプリケーターは、温度、湿度、衝撃、振動などのテストで第3社機関の認証に合格しており、あらゆる環境に統合するのに理想的なCOTSユニットとなっています。

MIL-STD-810Hに加えて、U-Reach Data Solutions Inc.デュプリケーターは、DoD 5220-MやNIST SP 800-88r1などの軍および政府のデータ消去基準に準拠しています。U-Reach Data Solutions Inc.は、機密データの保護からプライバシー法および関連する業界規制の遵守まで、クライアントのさまざまなニーズを満たすためにデータ消去のいくつかのオプションを提供し、データ流失の脅威を完全に排除します。

私たちは要件に基づいてソリューションを提供することができます、そして私たちはあなたと協力することを楽しみにしています。U-Reach Data Solutions Inc.は、どんな質問やフィードバックも歓迎します。経験豊富なカスタマーサポートに電子メールまたは電話で連絡してください。詳細な連絡先情報については、お問い合わせページをご覧ください。

MIL-STD810Hコンプライアンスは、米国で認められた試験所(NRLT)によってテストされています。
振動
ショック
温度と湿度
低気圧(高度)

Leading the Way in Duplication Technology Innovation

U-Reach duplicators have been used in many military and government projects over the past several years. Agencies prefer U-Reach products because these duplicators take a standalone, FPGA approach to data duplication. This means that there is no operating system inside and thus, no risk of malware infection or residual data getting stored in caches or logs. After the copy job is confirmed, the buffers are zeroed out, and the only place containing data is the source and the desired targets.

Furthermore, U-Reach duplicators are certified by a nationally recognized testing laboratory (NRTL) in several MIL-STD-810H areas. U-Reach duplicators passed the third-party certification in tests such as temperature, humidity, shock, and vibration, making them the ideal COTS unit to integrate into any environment.

In addition to MIL-STD-810H, U-Reach duplicators comply with military and government’s data-erasure standards such as DoD 5220-M and NIST SP 800-88r1. U-Reach offers several options in data erasure to meet clients’ various needs from protecting sensitive data to compliance with privacy laws and associated industry regulations and absolutely eliminates the threat of data theft.

We can provide solutions based on requirements, and we look forward to working with you. U-Reach invites any questions or feedback, experienced customer support is always an e-mail or phone call away. Please visit our contact page for detailed contact information.


Where to buy U-Reach Products in Government and Military Channels

                                      


Tested by Nationally Recognized Testing Laboratory (NRLT) for MIL-STD810H Compliance
Vibration
Shock
Temperature and Humidity
Low Pressure (Altitude)

コンプライアンス基準


すべての製品                  RoHS, UL(Power), CE/FCC, UKCA 認証
品質管理認証  AS9100 Rev D  ISO9001:2015  GIDEP
ミリタリー品質認証  MIL-STD 810H, MIL-STD 130N
その他政府関連         TAA, SBA Certified, NDAA-889,   ITAR 準拠
すべての消去システム ISO/IEC 27037, 27041, 27042, 27043, 27050
消去方式 フル消去 (NIST 800-88)
DoD 3パス (DoD 5220.22-M)
DoD 3パス + 検証 (DoD 5220.22-M)
DoD 7 パス[DoD 5220.22-M(ECE)]
セキュア消去 (NIST 800-88)
拡張セキュア消去
NSA 消去
DUNS番号 DUNS Number 043122016
UEI S1EWVV54ZG23
NAICSコード 334111 -電子計算機製造
334112 -コンピュータ記憶装置
334118 -コンピュータ端末、その他
コンピュータ周辺機器製造
334290 - その他の通信機器製造
SICコード 3571-電子計算機
3572-コンピュータ記憶装置
3575-コンピュータ端末
3577-他に分類されないコンピュータ周辺機器
3578-電子計算機を除く計算機および会計機
第三者認証  ADISA 認証
認証説明  認定年
                   

RoHS – RoHS指令は、電気・電子機器(electrical and electronic equipment 以下「EEE」)などの特定有害物資の使用制限に関するEUの法律です。「Restriction of the use of certain hazardous substances in electrical and electronic equipment」の略称で、RoHS(ローズまたはロース)指令と呼ばれ、日本語で「有害物質使用制限指令」と訳されます。

2014

 
UL – ULは、「公共の安全」を基とした非営利機関(not-for-profit)として1894年にアメリカ合衆国イリノイ州シカゴで設立されました。 ULは製品安全規格を作成し、その規格に従い試験を行い、UL安全マークの使用を認める認証機関です。2014

FCC – 連邦通信委員会(FCC)は、公益のために民間電 気通信産業分野の規制を所管。 – 無線サービスに混信を起こす可能性を最小限 にするため、送信機その他の設備の技術基準 を制定。 – 市場出荷される機器が技術要求事項に適合す るよう認証制度を管理。2014

CE - CEマーキングのCEとはフランス語の「Conformité Européenne」の略で、欧州に適合しているという意味です。 CEマークは、EEA(EU加盟国28カ国、スイス、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン)にて製品が高い安全性や環境保護の要件を満たしていることの証明です2014
 

UKCA – UKCA(UK Conformity Assessed marking)マークは、Brexit後にCEマーキングに代わるものとして生まれた英国の製品マークです。2021年1月1日より、英国(イングランド、ウェールズ、スコットランド)で流通・販売される製品にはこのマークが必要となります。EU指令と規則に代わり、UKCAマークが義務付けられた英国の法律が適用されます。2021

AS9100は、米国品質協会(ASQ:American Society for Quality)が発行している品質マネジメントシステム(QMS:Quality Management System)規格です。

主要な航空宇宙関連の製造会社で構成される委員会が、航空宇宙産業のサプライチェーン全体に適用できる共通規格として作成しました。

AS9100は、国際標準化機構(ISO)の品質マネジメントシステム規格ISO 9001のすべての要求事項を取り入れた上に、航空宇宙産業固有の要求事項を追加しています。そのため、環境など既存のマネジメントシステムと、運用・審査を統合することができます。


2019
GIDEP (Government-Industry Data Exchange Program) は、システム、施設のライフサイクルの研究、設計、開発、生産、および運用段階で不可欠な技術情報を共有することにより、リソースの支出を削減または排除しようとする政府と業界の参加者間の協力活動ですと機器。2022


 

MIL規格とは「アメリカ国防総省が定めた厳しい調達基準」のことです。「ミルスペック」とも呼ばれています。

軍隊で使用するということで、過酷な条件下でも問題なく利用できるように定められています。つまり、「MIL規格」を満たしている製品は「高耐久」である、と考えられます。パソコンの耐久性試験でよく使われるのはMIL規格の一つ「MIL-STD-810G」または「MIL-STD-810H」です。最後の「G」と「H」がリビジョンになっていて、アルファベット順に改定されているので「H」が最新です(「G」は2008年、「H」は2019年) 。「MIL-STD-810」の試験基準は「落下テスト」「衝撃テスト」「高温・低温テスト」「振動テスト」など耐環境性です。


2017
MIL-STD 130NMIL-STD-130N – MIL-STD-130Nは国防総省の標準実施、米国軍事資産の識別マーキング (2007 年 12 月 17 日)。国防総省によって、または国防総省のために保管され、発行されます。この規格は、品目識別マーキングのフリー テキストおよび機械可読情報 (MRI) アプリケーションの両方の基準とデータ コンテンツに対応しています。2021
DEF STAN 00-035DEF STAN 00-035 - 米国国防総省によるMIL-STD-810Hと類似しているもので、この規格は英国国防省によって作成され、製品が過酷な環境でも機能することを保証します。U-Reach Data Solutions Inc.の機器は、温度・湿度、衝撃、振動、高度試験において認証を受けています。2023

米国国防総省(DoD:United States Department of Defense)が発行するフレームワークの一つで、日本語では「サイバーセキュリティ成熟度モデル認証」と訳されます。連邦契約情報 (FCI) と管理された非格付け情報 (CUI) を保護する目的で策定されました。主にDoDが調達する際の要件として、請負業者に対して認証取得を促すものです。2021年11月にv2.0が公開され、成熟度のレベルが5段階から3段階になるなどいくつかの面で簡素化が図られました。

U-Reach Data Solutions はレベル 1 認定を受けています。 

2022
  

TAA – 貿易協定法(19 U.S.C. §§2501-2581)は、公正かつオープンな国際貿易を促進することを意図しています。本法は米国政府に対し、米国製、または公正かつオープンな国際貿易を支援していると認められる国で製造された製品のみを取得するよう求めています。さらに本法では契約者に対し、米国の行政機関によって取得を予定している各最終製品が製造場所に関する要件を満たしていることを証明するよう求めています。U-Reach Data Solutions の製品はすべて、貿易協定法の要件を満たしており、使用を目的とした米国政府による取得が承認されています。また、これらの製品はGSAスケジュールに準拠しています。


2011

NDAA-889NDAA-889 – ちなみにNDAAとは、米政府機関により、2019年8月に発効された国防権限法です。 特定5社からの製品調達を禁止しており、これには特定の電気通信および、ビデオ監視サービスと機器の調達の禁止がうたわれています。 3つ目の特徴は、自社開発したエッジAI解析技術「Smart VCA」です。2020
ITAR – International Traffic in Arms Regulations (ITAR)=「武器国際取引に関する規則」は、United States Munitions List (USML)=「合衆国武器リスト」に列記された国防関連の物品及び役務の輸出と輸入を規制する合衆国連邦政府の規則である。2022
ISO/IEC 27037, 27041, 27042, 27043, and 27050ISO/IEC 27037, 27041, 27042, 27043, 27050 は、デジタル証拠の処理における特定の活動に関するガイドラインを提供します。これらのガイドラインは、フォレンジックに必要です。2014
NIST SP 800‐88r1

NIST SP 800‐88r1 – 米国国立標準技術研究所(NIST)が発表したSP800-88 に「2001年以降に製造された15GB以上のHDDは1回の上書きでデータの完全消去が効果的に実行される」と記述されました。 根拠としてHDDの磁気記憶媒体(プラッター)が高密度化し、ソフトウェア的に読み取りが困難になった点が挙げられます。

2014

DoD 5220.22‐MDoD 5220.22‐M – 米国国防総省準拠規格(DOD消去方式) データ領域を最初にゼロ(0x00)で上書きを1回した後、固定値(0xff)で 1回上書きし、さらに0-255までの乱数で上書きを1回行い計3回の上書き を行う方式です。 電源が入らない故障品やソフトウェア消去対象外機 器のデータも消去可能2006

ADISA – ADISA Research Centre は、ADISA Certification Limited が運営する検証機関であり、データ消去ソフトウェアの有効性を検証します。Blancco の SSD 消去方式は、ADISA テストレベル I (標準の COTS フォレンジックツールと技術を使用した攻撃) およびテストレベル II (チップから直接データを読み取ることを想定した標準的な侵入/破壊テストツールを使用した攻撃) のテストに合格しました。U-Reach Data Solutions は、ADISA テストレベル I、 テストレベル II のテストに合格しています。 2021
ドッド・フランク法第1502条(対立鉱物規則)企業に対し、その製品に含まれるスズ、タングステン、タンタル、および金の使用と原産地を開示することを義務付ける法律。製品と材料は、コンゴ民主共和国および周辺国などの指定国からは発生していない必要があります。2018

MIL-STD810H のテストは、ISO/IEC 17025 テストの能力に関する一般要件によって認定された研究所によって行われています。 MIL-STD810H メソッド 500.6、501.7、502.7、507.6、514.8、516.8。